猫舌堂猫舌堂

猫舌堂
オリジナルカトラリーiisazy series

  • iisazy spoonスプーン

    イイサジースプーンは小さくて薄く、平たい設計。 大きく口を開けなくてももう大丈夫!口の中に入れても余裕があるので、ストレスフリーにお使いいただけます。

  • iisazy forkフォーク

    口当たりがなめらかなイイサジーフォーク! 歯の先端が丸みを帯びているので口腔内を傷つけることがなく、安心してお使いいただけます。

  • iisazy spoonスプーン

    イイサジースプーンは小さくて薄く、平たい設計。 大きく口を開けなくてももう大丈夫!口の中に入れても余裕があるので、ストレスフリーにお使いいただけます。

  • iisazy forkフォーク

    口当たりがなめらかなイイサジーフォーク! 歯の先端が丸みを帯びているので口腔内を傷つけることがなく、安心してお使いいただけます。

食べる喜びを取り戻すきっかけに

「今までに様々な嚥下障害用のカトラリーを使ってきたけど、どれもなにか違う、どこか使いにくい...。」その何かを徹底的に検証し、設計しました。がん経験者で看護師でもあるオーナーが、がん患者の方々のご要望や自身の経験から感じた現状のカトラリーへの不満を解消するために試行錯誤し、これなら食事を楽しめる!というカトラリーをやっと開発することが出来ました。

  • 生きることは食べること。
    食べることは生きること。
  • ストレスから開放されて、
    食べることが楽しくなる。

何気ないことに見えるかも知れないけど
ちょっとの差が私たちには大切なのです。

こんなお悩みから生まれました

  • 大きすぎて食べにくい

  • 幅が広くて口に合わない

  • 厚みや触感が口に合わない

iisazyなら...

  • 小さいから一口量が丁度いい

  • 幅が狭いからスッと口に入る

  • 口当たりが良い薄くてフラット

口唇に力が入らなくても、大丈夫。

一般的なカトラリー使用

幅が大きくので掬う一口量が多くなってしまい、
口からこぼれて口の周りが汚れてしまう。

猫舌堂カトラリー使用

口腔内できれいにすくい取れる設計なので、
こぼれたり、口元が汚れる心配が軽減されます。

こだわりDetail and Concept

猫舌堂のカトラリーは使いやすさは勿論、口に入れたときの口当たりの良さや
デザインに至るまで細部へこだわり抜いています。
新潟県燕市にあるステンレスカトラリー製造(業務用・介護用)
専門メーカーの職人とオーナーが試作を重ねて開発。
フォルム形成に関しては、手作業で1mm単位で削り出し、
口腔内で感じる微細なズレを改善しました。

一般的なカトラリーと大きさを比較してみると...

  • 一般的なカトラリー
  • 猫舌堂カトラリー

  • イイサジーフォークiisazy fork

    point

    歯の先端が丸みを帯びて
    いるので、口腔内を傷つける
    ことがなく口当たりもなめらか

    歯が短くなっていますが、
    サラダや果物もスムーズに取る
    ことが出来ます

    全長約16.5cm重量23g最大幅2.2cm

  • イイサジースプーンiisazy spoon

    point

    幅が狭いので口唇が開きにく
    くても口の中に入れやすい

    スプーンの裏側で食べ物を
    すりつぶしやすい形状
    になっています

    全長約16.8cm重量21g最大幅2.5cm

目指したのは...食べることのバリアフリー化

カトラリー設計に込めた想い

自らのがん経験から今まで感じ得なかった、様々な食べる事への
バリアを体験する事になったことが開発のきっかけでした。
そして、舌下腺がんで舌全摘した荒井里奈さんとの出逢いによって、
食べることのバリアフリー化を真剣に考えるようになりました。
猫舌堂を通して食べることへの悩みに寄り添い”1人じゃない”と
感じていただき、生きる力を引き出せたらと思っております。
自力摂取や食事介助共に使いやすいよう総体的に考慮して設計しています。

猫舌堂とは?About

がん治療などによって食べることに苦痛を経験した方々が、食べる喜びを取り戻すきっかけとなるようなカトラリーが作りたい。そんな思いから看護師やがん経験者のメンバーによって猫舌堂はオープンしました。
猫舌堂ではオリジナルカトラリーの他に、がん経験者やその家族などが情報交換できるサポートコミュニティと、周りを気にせずに外食を楽しめるように、ほっとするような空間で食事ができるカフェスペースを運営しています。猫舌堂はがんと共に生き抜くために食のバリアフリーを目指しています。

猫舌堂猫舌堂

  • コミュニティ
    ホッと安らげる空間でゆっくりしたい、同じ境遇の人と話したい=情報を共有したい。がん経験者やそのご家族のそんなニーズに応える場所。
  • プロダクト
    罹患中のがん経験者の声をもとに、カトラリーへの小さな不満を解消できるように看護師がオリジナルカトラリーを開発。
  • スペース&イート
    食べる事の悩みが大きく外食に抵抗がある方が、周りを気にせずに外食できるカフェスペース。
  • 情報や心境を共有する

    がん経験者やその家族などが情報交換できるようにサポートするコミュニティ。たまには息抜きしたい、安らげる空間でゆっくりしたい、同じ境遇の人と話したい=情報を共有したい。そんなニーズに応える場所。

  • 食事を心から楽しめる

    食べることへの喜びを取り戻すきっかけとなるようなカトラリーづくり。カトラリーへの小さな不満を解消できるように、がん経験もある看護師が罹患中のがん経験者の声をもとに開発。

  • 日頃のストレスを癒す

    外食をしたいが、食べる事の悩みが大きく、引きこもりがちになっている、“嚥下食”などの食事には抵抗があり、食べられるものに制限がある、普通の人と同じようなものを同じように食べたい、口腔ケアが気になる...そんな方が周りを気にせずに外食できるカフェスペース。

柴田 敦巨 しばた あつこ
柴田 敦巨 しばた あつこ

ATSUKO SHIBATAOwner’s Voice

柴田 敦巨 しばた あつこ
24年間看護師として勤務。2014年、耳下腺癌(腺様のう胞がん)に罹患し、手術と化学放射線治療を経験。それらの経験から、食べることのバリアを実感。また、同じ境遇の仲間たちとの交流は生きる支えとなることを知る。それらの経験を活かし「生きることは食べること、食べることは生きること」を支えるため、起業を決意した。